宅配水は楽ちん!便利!

我が家で飲んだり、料理なんかに使ったりするお水は、スーパーでミネラルウォーターを毎週箱買いしています。車で買い物に行くとはいえ、重たいお水の入った段ボールを買い物カートに載せたり、レジ台に置いたり、車の荷台に積み込んだり、家まで運んだりするのはかなりの重労働で腰にきます。
その点、お水の宅配は自宅まで重たいお水を運んでくれるので、楽ちんでいいなぁと思います。そのうえ魅力的なのが、冷たいお水はもちろん、コックをひねればお湯も出てくるところです。いちいち沸かす手間も省け、お茶やコーヒーを飲みたい時すぐに入れることが出来るのはとても素晴らしいと思います。
利点ばかりが思いついて、不便な点が見つからないお水の宅配。我が家もこの際、ミネラルウォーターを卒業して、宅配のお水にしてしまおうか。ちょっと検討したいと思います。

 

便利な宅配ウォーターサーバーサービスを検討中なら水サーバーランキング水宅配比較に各サーバーの特徴やサービス比較などが詳しく紹介されています。

ちょっとした贅沢

日本ではきれいな水を手に入れるのは決して難しいことではない。家の水道の蛇口をひねれば飲料に適した水は出てくるし、公園でも飲めることさえある。
その、どこにでも手に入れられる水をあえて宅配してもらうというのは、私にとってちょっとした贅沢だ。
たしかにペットボトルに入った水を正規の値段で買ってくるよりも安いし、何より重い荷物を運ぶ苦労もない。
のどが渇いたな、お茶が飲みたいな、と思ったときに蛇口をひねるのとほぼ同じ労力でおいしい水が飲める。
宅配される水が無くなったところで暮らしていけないほど困るということはない。しかし、もうそろそろ無くなるというときの「次の宅配まで水もつかな」という焦りは、まるで無人島にもってきた水筒の中の最後の水を大切に飲むような(そんな経験はないけれど)気分に似ていると思う。毎月払う水道料金以外にお金をかけて水を買う、ちょっと贅沢かなとも思うけれど「身体にいいことをしている!」と自分を納得させている。